• HOME
  • Vもしとは
  • 会場テスト
  • 自宅受験のご案内
  • 高校入試必勝マニュアル
  • 書籍紹介
  1. トップページ
  2. 高校入試 必勝マニュアル

高校入試 必勝マニュアル

受験までの心構えと勉強術 本番直前 入試当日 答案作成術 作文対策 面接対策

入試当日(アクシデント対処法)

❶遅刻しそうになった!

寝ぼうや集合時間の覚え間違いなど、自分のうっかりミスで遅刻することは絶対に禁物。でも、やむを得ない理由があるとき(大雨や雪など自然災害で電車が大幅に遅れたとか、バスが交通事故にまきこまれたりとか)は、場合によっては受験が認められることもあるということを覚えておきましょう。「このままじゃ遅刻しそうだ」と判断したら、まず一番に受験する学校に電話を入れること。そして、きちんと遅刻の理由を話し、そのうえで学校側の指示に従うことが大切です。ただし、公衆電話がとても混んでいるときや、他の受験生からも電話が殺到してなかなか学校の電話がつながらないこともあります。そんな時は、タクシーを利用するなどの別の方法で受験校に向かい、学校に到着次第、事情を説明しましょう。

▶ポイント
電話連絡をするときのための小銭やテレホンカード、また、タクシーに乗れるくらいのお金を用意しておくと安心。受験校の電話番号のひかえは忘れずに!受験校の下見は場所、校内の配置はもちろん、交通と時間もよく調べよう。特に、大きな乗換駅や地下鉄の出入り口がいくつもある所は注意。

❷会場を間違えた!

高校によっては、受験会場が数カ所に分かれるところもありますから、自分の受験会場はしっかり確認しておいて下さい。それでも、もし会場を間違えてしまったら…。試験開始時間までに正しい会場に行けるならともかく、遅刻が避けられないというときは、できるだけ早く係の先生、または受付に申し出ましょう。もちろん、自分の不注意で間違えたのだから、しかられるのは当たり前。でもいつまでも一人で「どうしよう~」と悩んでいたり、自分だけで勝手に判断して、あわてて本来の会場に行って遅刻するよりは、恥を覚悟で申し出るほうが賢明です。実際、高校の先生に相当しぼられたけど、ちゃんと試験を受けることができたという先輩の報告もあるのですから。

❸忘れ物をしてしまった!

〈 受験票 〉
前の晩、あんなにチェックしたはずなのに受験票がない!受験票がなければ、受ける教室もわからないし、気が動転してパニック状態に…。でも、こんなときこそあわてずに行動しなければだめ。まず、受験校の係の先生か受付に申し出ること。受験生本人であることがちゃんと確認されれば、仮受験票が交付されるはずです。万が一を考えて、受験番号はあらかじめひかえておきましょう。

〈 お弁当 〉

試験の合間のランチタイムは、午後からの試験に向けてエネルギーを補給する大事なひととき。な、なのにお弁当を忘れてしまった!「しかたない、昼はぬきにしてこの時間を使って勉強でもするか」なんて考える人もいるかもしれないけれど、空腹のままでは頭に入らないし、午後の試験にもマイナスです。こんな時は、係の先生に許可をもらって、校外に昼食を買いに出るのも一つの手。その際に重要なのが受験票で、これを提示して許可をもらえれば、校内への出入りが可能なのです。とはいっても、お昼の時間は限られているので、やっぱりお弁当を持っていくのがベスト!家族にも協力してもらって、当日の朝、忘れないように気をつけましょう。

❹体調が悪くなった!

試験中に、カゼが悪化したり、緊張のあまり気持が悪くなって我慢できないときは、すぐ係の先生に申し出ましょう。病状の診断結果から判断して、学校によって対応のしかたは異なりますが、保健室で受験することが認められたり、追試験を受けることができる場合もあるのです。でも、これはあくまでも非常手段。そんなことにならないように、普段から自分の体調をコントロールしておくことが大切です。また、試験中にトイレに行きたくなった場合、ずっと我慢しているとそればかりに気をとられて思考力が低下してしまいます。多少のロスタイムはしかたありません。係の先生に申し出ましょう。

▶ポイント
直前まで健康でも、試験会場の暖房や人ごみなどのせいで急に体調をくずしてしまう人もいます。服装などで体温を調節できるような工夫をして出かけましょう。使い捨て携帯カイロなどを用意しておくと良いでしょう。


受験までの心構えと勉強術 本番直前 入試当日 答案作成術 作文対策 面接対策