• HOME
  • Vもしとは
  • 会場テスト
  • 自宅受験のご案内
  • 高校入試必勝マニュアル
  • 書籍紹介
  1. トップページ
  2. 高校入試 必勝マニュアル

高校入試 必勝マニュアル

受験までの心構えと勉強術 本番直前 入試当日 答案作成術 作文対策 面接対策

面接対策(緊張するのはあなただけじゃない)

面接試験は、ほとんどの学校で答えに困るようなイジワルな質問をするということはありません。面接では生活態度・言葉使い・印象などをみるものですから、あまり気を回しすぎずに中学生らしく自然に接すればいいのですが、友達と話すような態度ではいけません。言葉使いやマナーは緊張すればするほどポロッとでてしまうものです。「一夜づけ」や「一日良い子」は通用しませんから今から準備を整えておくといいでしよう。

❶ あがってしまうのはあたりまえ

「あがり症だからぁ~」と心配な人も多いと思います。しかし、面接官の先生(なかには怖い顔をした先生もいる)が目の前に2人も3人もいるのですから、緊張するのはあたりまえです。先生も毎年面接を行っているので『この生徒はあがっているな』くらいはわかるものです。緊張してるから不合格になるということはありませんから、怖がる心配はありません。

❷ 何をどうみられるのか?
面接では受験生の長所や可能性をつかみとろうとする一方で、学習意欲が欠けていないか?生活態度の乱れはないか?など『問題点』ををチェックするケースが多いようです。
学校側はその学校への『適応性』や『学習への意欲』を次のような観点からチェックします。
1.筆記試験や調査書ではわからない受験生の人柄や性格をみる
2.調査書での疑問点を明らかにする
3.入学への意欲や入学後の意欲をみる
❸ 面接でチェックされること

●外見
印象・感じはよいか、身だしなみ(服装や髪型など)はキチンとしているか
●性格
適応性、協調性、積極性、指導性、責任感、明朗性、人柄はどうか
●知能
適切な応答ができるか、中学生としての常識や知能は備えているか
●動作態度
言葉づかいはよいか、礼儀作法をわきまえているか、態度はよいか
●意識意欲
目標や目的意識を持っているか、入学意識や勉強意欲はどうか、教育方針への理解・協力度はどうか
●生活
家庭生活、学校生活の状況はどうか、家族・友達関係は良好か、規則正しい健康的な生活をしているか

▶ワンポイント
●「面接カード」に記入
学校によってアンケート形式のものから身上書形式のものまでさまざまだが、面接前に各自に志望理由・家族構成・趣味・特技などを記入させ、それをもとに面接するもの。最近これを行う学校がかなり多い。(自分の家族の名前や年齢、親の職業・勤務先などはシッカリ書けるように。これをもとに面接を行うので、いいかげんに書かず書いたことはきちんと覚えておく。)

●立ったままでの面接
ひとめで姿勢・服装がチェックできる。( 腰掛けて面接をする学校でも服装や姿勢には十分注意しよう。)

●運動機能検査
簡単な運動で健康状態や動作の機敏性をチェックする。(上着を脱いだら派手なシャツが出てきたり、ポケットからマズイもの(?)が出てこないように。)

❹ 面接試験の流れ

1. 控え室では…
身だしなみを整えて、心を落ち着けて静かに待つ。

2.入室の時は…
呼ばれたら元気よく返事をして、軽くノックをして「どうぞ」といわれてから入る。

3.入室したら…
面接官の前へ進み、軽く一礼。受験番号と名前をはっきり言う。

4.イスにすわる時…
「では、おすわり下さい」と勧められてから静かにすわり、姿勢を正す。

5.質問に答えるときは…
面接官の目を見て。ず~と下を向いたり、もじもじとした落ち着かない態度ほ禁物!意見を求められたら、少し考えて自分の考えを整理してから答える。わからないときは素直に「わかりません」と答える。

6.終わりのときは…
「では、これで終わりです」「ありがとうございました」静かに立ち上がり、その場で軽く一礼。出口のところで再び一礼して退出。

❺ 気をつけたい3つのパターン

▶ PatternⅠ(単語返答型)
Q:「趣味はなんですか」
A:「読書です」
Q:「スポーツは何をやりますか」
A:「テニスです」…
何を聞かれても単語だけでの答えでは、ぶっきらぼうにみられがちです。また、意欲面でマイナスのイメージを与えてしまうかもしれません。「読書です。最近読んだなかでは○○がよかったです」何か一言付け加えたいものです。

▶ PatternⅡ(丸暗記型)
Q:「どうして本校を受験しましたか」
A:「貴校の建学の精神である『実学尊重』『質実剛健』…(あと一つなんだったけなあ?)…」
何度も何度も練習を重ね、どんな質問をされても大丈夫なくらい暗記しても、いざとなると緊張して頭の中が真っ白になることもあります。途中でつっかえて最初から言いなおしたり、黙り込んだりしてはどうしようもありません。また、予想外のことを質問されてパニックになってしまったりすることもあります。面接では『よい答え』『正しい答え』があるのではありません。答える様子をみるものですから、丸暗記したものを棒読みしたような答え方では熱意や意欲などが伝わりません。ある程度答えを用意するのはいいのですが、丸暗記をしてそれを間違えないように答えようということは避けたいものです。

▶ PatternⅢ(支離滅裂型)
Q:「本校の気に入った点はどこですか」
A:「LL教室や図書館が立派で、授業カリキュラムも充実して、大学進学実績もよく、クラブも活発で入りたいクラブが強くて…」
思ったままを話し出して、何を言ってるのか自分でもわからなくなってしまう…そんなことは日常会話でもありませんか?友達との会話ではないのですから、ちょっと考えてから答えてみましょう。また、面接官の質問とまったく違った答えをなが~く話したりする人もいます。気を付けましょう。


受験までの心構えと勉強術 本番直前 入試当日 答案作成術 作文対策 面接対策