私立高校の最新ニュースを毎日発信!

リアルボイス

5/28 大阪青凌 「『十五の夏』②」

まだ15歳なのに、あるいは逆に15歳ゆえにか、若き日の佐藤氏は、共産圏をトラブルに見舞われながら旅する先々で、とても印象的な人々との出会いを繰り返します。例えば、ポーランドでは、地元の人たちが通う食堂で、4人の男性から声をかけられ、そのうちの1人に「一緒に俺の家にこないか」と誘われるのです。


受験マンがおすすめするイチオシ私学