知っておきたい受験情報

平成30年度私立全日制・定時制高等学校入試受験状況について

2018年2月5日 月曜日

滋賀県

 

滋賀県HPより、「平成30年度私立全日制・定時制高等学校入試受験状況について」が、発表されました。

 

京都新聞に関連記事 → “15の春”目指し1万人受験 滋賀で私立高入試

 

平成30年度兵庫県公立高等学校単位制による課程(多部制)Ⅰ期試験志願状況(2月3日17:00現在)について

2018年2月3日 土曜日

兵庫県教育委員会

 

兵庫県教育委員会HPより、「平成30年度兵庫県公立高等学校単位制による課程(多部制)Ⅰ期試験志願状況(2月3日17:00現在)について」が、発表されました。

 

平成30年度滋賀県立高等学校入学者選抜(推薦選抜、特色選抜、スポーツ・文化芸術推薦選抜)に関する出願者数について

2018年2月2日 金曜日

滋賀県

 

滋賀県HPより、「平成30年度滋賀県立高等学校入学者選抜(推薦選抜、特色選抜、スポーツ・文化芸術推薦選抜)に関する出願者数について」が、発表されました。

 

推薦選抜 募集人数に対する出願倍率の高い科
①大津高校 家庭科学科 2.44倍  ②大津商業高校 総合ビジネス科 1.75倍
③湖南農業高校 農業科 1.73倍  ④草津東高校 体育科 1.53倍
⑤草津高校 普通科 1.50倍    ⑤湖南農業高校 食品科 1.50倍

 

特色選抜 募集人数に対する出願倍率の高い科
①大津高校 普通科 5.87倍   ②草津東高校 普通科 4.65倍
③石山高校 普通科 4.55倍   ④膳所高校 普通科 4.30倍
⑤彦根東高校 普通科 3.68倍

 

平成30年度兵庫県公立高等学校推薦入学等志願状況(2月2日12:00現在)について

2018年2月2日 金曜日

兵庫県教育委員会

 

兵庫県教育委員会HPより、「平成30年度兵庫県公立高等学校推薦入学等志願状況(2月2日12:00現在)について」が、発表されました。

 

●倍率以上の高校・学科

推薦選抜 

・小野(国際経済) 1.40倍  ・農業(動物科学) 1.40倍

・西脇工業(総合技術) 1.40倍  ・香住(海洋科学) 1.40倍

 

特色選抜

・市尼崎 1.97倍  ・尼崎北 1.73倍  ・上郡 1.67倍

 

平均倍率3・69倍 県内私立高入試出願 前年同期下回る

2018年2月1日 木曜日

神戸新聞

 

 兵庫県私立中学高等学校連合会は1日、県内私立高の2018年度入試について、同日午前10時現在の出願状況を発表した。1次募集では、45校の総募集定員9558人に対し、3万5257人が出願した。平均倍率は、前年同期を0・07ポイント下回る3・69倍となった。

 須磨学園・3類理数の34・55倍が、最も高い倍率だった。このほか、仁川学院・特進S(32・85倍)、滝川第二・スーパーフロンティア(28・03倍)、神戸野田・特進S(25・50倍)、東洋大付属姫路・スーパー特進(23・37倍)などが高かった。

 

通学圏見直しを求める声も 京都・口丹地域の府立高で議論

2018年1月31日 水曜日

京都新聞

 

 生徒数の減少が続く須知高(京都府京丹波町豊田)と北桑田高(京都市右京区京北下弓削町)の今後の在り方について話し合う懇話会が30日、南丹市八木町西田の府立口丹波勤労者福祉会館で開かれた。通学補助や通学圏の見直しなど、地域の実情に合わせた条件整備を求める声が相次いでいた。

 府教育委員会が幅広い意見を聴くために主催し、口丹地域の小中学校と高校の校長、PTA会長ら関係者が意見を交わした。

 懇話会では、出席者から「高校進学に合わせて京都市に引っ越す生徒が増えている」と懸念する声が上がったほか、「生徒が通学しやすい条件整備を進めることが大事だ」との声も出た。その具体策として「口丹地域は広く、通学のバス代だけでも保護者には相当な負担になる。補助が必要ではないか」との意見が出た。また、府教委に通学圏の見直しを求める要望もあり、議論を深めていた。

 両校の在り方について、2016年10月から昨年10月まで検討会議を重ねてきた。その結果、須知高が卒業時に調理師免許を取得できる食物調理科(仮称)を新設、北桑田高が予備校のサテライト授業を導入するなど、活性化案としてまとめている。

 府教委は懇話会などの意見を踏まえ、年度内に方向性をまとめる。

 

大阪府、私立高授業料支援拡充へ…19年度から

2018年1月31日 水曜日

読売新聞

 

 大阪府は、独自に実施している私立高授業料の支援制度で、2019年度から子供が2人いる世帯への支援を拡充する方針を固めた。3人以上の世帯には支援を厚くしていたが、2人の世帯でも授業料の負担感が強いとの声があるためという。

 府は国の就学支援金に独自の補助金を組み合わせた制度を11年度にスタート。年収が590万円未満の世帯は授業料を実質ゼロとしている。590万円以上910万円未満の世帯も自己負担額が軽減され、私立高や大学に通う子供が3人以上いる場合は補助をさらに上乗せしている。

 授業料は学校ごとに異なるため、府は生徒1人あたりの年平均授業料を基に標準授業料を設定。平均が10年度の58万円から、17年度は2万円上昇し、新制度では60万円を標準とした。

 子供2人の世帯は、年収590万円以上800万円未満なら授業料の自己負担額を20万円から10万円に、800万円以上910万円未満なら46万円から30万円にそれぞれ引き下げる。

 

公立高等学校入学者選抜合格発表予定時刻一覧

2018年1月30日 火曜日

奈良県教育委員会

 

奈良県教育委員会HPより、「公立高等学校入学者選抜合格発表予定時刻一覧」が、発表されました。

 

平成29年度学校基本数一覧(校種別)

2018年1月30日 火曜日

奈良県教育委員会

 

奈良県教育委員会HPより、「平成29年度学校基本数一覧(校種別)」が、発表されました。

 

平成30年度私立全日制・定時制高等学校出願状況について(訂正)

2018年1月29日 月曜日

滋賀県

 

滋賀県HPより、「平成30年度私立全日制・定時制高等学校出願状況について(訂正)」が、発表されました。

 

  平成30年1月19日(金曜日)に資料提供しました出願状況について、光泉高校から修正の報告がありましたので、下記のとおり訂正します。

訂正箇所

  • 光泉普通科の「併願」、「計」および「Ⅲ類併願」の志願者数
  • 全日制合計の「併願」および「計」の志願者数

 

 

PAGE TOP へ