【奈良県】最新受験ニュース

再編、8校対象か – 3校減 32年度にも新高校/県立高校

2018年6月2日 土曜日

奈良新聞

 

 県立高校の再編について対象校を、奈良市の平城、奈良、西の京、登美ケ丘▽宇陀市の榛生昇陽、大宇陀▽吉野町の吉野、大淀町の大淀―8校とする方向で最終調整が進んでいることが1日、複数の関係者への取材で分かった。現在33校ある県立高校は、統廃合などにより3校減の30校になる見通し。早ければ平成32年度に新高校へ移行が図られる。県立高校の減少に伴い、進学選択の幅が縮小されることや生徒の県外流出などが懸念される。一方、県教委は「人口減少を見据え、適正な学校規模を維持する」としている。

 

平成31年度奈良県立高等学校入学者選抜のお知らせ

2018年5月24日 木曜日

奈良県教育委員会

 

奈良県教育委員会HPより、「平成31年度奈良県立高等学校入学者選抜のお知らせ」が、発表されました。

 

1 新たに「追検査」を設定します!

2 一般選抜の学力検査時間が50分になります!

3 二次募集の検査内容・応募資格が変わります!

 

私立高等学校授業料軽減補助金制度について

2018年5月24日 木曜日

奈良県

 

奈良県HPより、「私立高等学校授業料軽減補助金制度について」が、発表されました。

 

奈良県内の私立高校へ進学する世帯への補助金額が変更されています。

 

県外居住者及び県外中学校卒業者等の県立高校志願者(入学志願許可申請者)への説明会

2018年5月22日 火曜日

奈良県教育委員会

 

奈良県教育委員会HPより、「県外居住者及び県外中学校卒業者等の県立高校志願者(入学志願許可申請者)への説明会」が、発表されました。

 

対象者
(1) 出願時には奈良県以外の都道府県に居住しているが、高等学校入学日までに保護者とともに奈良県内に居住し、入学後も引き続き奈良県内に居住することが確実である者
(2) 全国募集を実施する学校・学科(コース)を志願する者
(3) 特別な事情によって、保護者を伴わず奈良県内に居住することに合理的事由がある者
(4) 奈良県内に居住している者で、他の都道府県の中学校を卒業した者又は卒業見込みの者

 

平成30年度奈良県公立高等学校入学者一般選抜学力検査結果報告書

2018年5月2日 水曜日

奈良県教育委員会

 

奈良県教育委員会HPより、「平成30年度奈良県公立高等学校入学者一般選抜学力検査結果報告書」が、発表されました。

 

一般選抜学力検査結果
(1) 学力検査の教科別配点
 50点×5教科=250点
(2) 5教科の平均点
 全受検者の5教科の総合平均点は153.4点であり、昨年度に比べて4.3点上がった。
(3) 各教科の平均点は、国語33.5点、社会33.2点、数学26.0点、理科29.4点、英語31.4点であった。昨年
 度と比較すると、社会が1.5点、数学が4.3点、英語が2.0点が上がり、国語が0.6点、理科が2.7点下が
 った。

 

平成30年度公立高校入学者選抜学力検査問題

2018年5月2日 水曜日

奈良県教育委員会

 

奈良県教育委員会HPより、「平成30年度公立高校入学者選抜学力検査問題」が、発表されました。

 

平成31年度奈良県立高等学校入学者選抜日程

2018年4月13日 金曜日

奈良県教育委員会

 

奈良県教育委員会HPより、「平成31年度奈良県立高等学校入学者選抜日程」が、発表されました。

 

試験日

・特色選抜 2/20(2/21も実施の場合有)

・一般選抜 3/12

 

平成30年度奈良県立大和中央高等学校入学者通信制課程二次募集合格者数

2018年3月29日 木曜日

奈良県教育委員会

 

奈良県教育委員会HPより、「平成30年度奈良県立大和中央高等学校入学者通信制課程二次募集合格者数」が、発表されました。

 

平成30年度奈良県立大和中央高等学校入学者通信制課程二次募集実施状況

2018年3月28日 水曜日

奈良県教育委員会

 

奈良県教育委員会HPより、「平成30年度奈良県立大和中央高等学校入学者通信制課程二次募集実施状況」が、発表されました。

 

平成30年度奈良県立大和中央高等学校入学者通信制課程二次募集出願状況

2018年3月27日 火曜日

奈良県教育委員会

 

奈良県教育委員会HPより、「平成30年度奈良県立大和中央高等学校入学者通信制課程二次募集出願状況」が、発表されました。

 

受験マンがおすすめするイチオシ私学