大阪府エリア情報

  • 大阪府
  • 京都府
  • 奈良県
  • 滋賀県
  • 兵庫県
  • 和歌山県

大阪府エリアの受験情報

大阪府エリアの入試システムについて

 【通学区域について】
 府内全域、どの学校・学科・コースでも受験することができます。

選抜名 特別選抜一般選抜
実施学科
設置校など
 ◇ 工業に関する学科(デザイン系)/
  市立工芸・岸和田市立産業
 ◇ 体育に関する学科/
  市立桜宮・市立汎愛・摂津・大塚
 ◇ 音楽科/夕陽丘
 ◇ 美術科・総合造形科/市立工芸・港南造形
 ◇ 演劇科/市立咲くやこの花
 ◇ 芸能文化科/東住吉
 ◆ エンパワメントスクール
 ◆ クリエイティブスクールⅠ部・Ⅱ部
 ◆ 昼夜間単位制/市立中央

 ◇ 全日制のすべての学科
  (特別選抜を行う学科を除く)
 ◆ クリエイティブスクールⅢ部
 ◆ 定時制
 ○ 通信制

 

 ※◇◆○はそれぞれ下記選抜資料に対応。

選抜資料 ◇ 調査書、自己申告書、
  学力検査(5教科)+実技検査
 ◆ 調査書、自己申告書、
  学力検査(5教科)+面接
 ◇ 調査書、自己申告書、学力検査(5教科)
 ◆ 調査書、自己申告書、学力検査(3教科)
 ○ 調査書、自己申告書、面接

中旬出願期間2/13・2/14(音楽科は2/5・2/6)
学力検査等2/19・2/20
 
下旬合格発表2/27

上旬 【×】特別選抜合格者は、
    一般選抜
に出願できません。
出願期間3/1・3/4・3/5 (通信制を除く)
中旬学力検査等 3/11
下旬合格発表 3/19  2次選抜 3/22

※2019年度の主な入試日程を記載。

入試当日のスケジュール

〈特別選抜〉

時限第1時第2時第3時第4時第5時
教科国語数学英語理科社会
問題A・BA・BA・Bリスニング共 通共 通
時間40分40分40分15分40分40分
時刻9:00~
9:40
10:00~
10:40
11:00~
11:40
11:50~
12:05
13:00~
13:40
14:00~
14:40
配点45点45点45点45点45点

 

実技検査 (学力検査の翌日、音楽科の視唱・専攻実技は学力検査の前に実施する)

学科デザイン美術系体育音楽 伝統文化演劇
種目基礎的描写
総合的表現
運動能力
運動技能
聴音視唱
選考実技
朗読
口頭試問
身体表現
歌唱表現
配点75点
75点
45点
180点
20点30点
100点
50点
50点
75点
75点


〈一般選抜〉

時 限第1時第2時第3時 第4時第5時
教科国語数学英語 理科社会
問題A・B・CA・BA・Bリスニング共 通共 通
時間50分50分40分15分40分40分
時刻9:10~
10:00
10:20~
11:10
11:30~
12:10
12:20~
12:35
13:30~
14:10
14:30~
15:10
問題_CCリスニング※数学のC問題は60分。
対象校では英語以降の開始
時刻が10分ずつ遅くなります。
時間60分30分25分
配点90点90点90点90点90点

 

 

入学者選抜の概要
(2018年度の場合)

学力検査にはA・B・C問題がある

国語・数学・英語の問題については、2種類(特別選抜)/3種類(一般選抜)が作成され、各高校ではそのいずれかを選択して出題されます。

             
 特別選抜 (2種類)   一般選抜 3種類) 
             
 A問題
(基礎的)
 B問題
(標準的)
   A問題
(基礎的)
 B問題
(標準的)
 C問題
(発展的)
 
             
  A問題各教科とも基礎的な知識、内容を問う問題を中心に出題する。数学なら基本的な計算問題や英語なら基礎的な語彙・文法など。 
             
  B問題各教科とも基礎的・標準的な事項を理解したうえで、読み取る力、適切に表現する力を問う問題を中心に出題する。 
             
  C問題各教科とも標準的・発展的な内容の問題が出題され、素早く読み取る力、判断力が問われる。英語は問題文のすべてを英語で作成され、数学はかなりの難問。 
             

※ 英語の学力検査で使用する英単語は、府教委が作成する「大阪版中学校で学ぶ英単語集」の範囲から出題。
  問題作成にあたっては、学力検査の難易度に応じた単語を使用します。

 

英語は「外部検定スコア」で点数が保障される

外部検定のスコア等が下記レベル以上の場合、出願時に申請すれば以下の点数を保障。学力検査の点数を上回れば、その点数が採用となります。

外部検定のスコア等
 TOEFL iBTIELTS英検
60~120点6.0~9.0準1級
50~ 59点5.5対応なし
40~ 49点5.02級


点数
読替率
100%
90%
 80%

保障点数
特別選抜一般選抜
45点90点
41点81点
 36点72点

 


全員、出願時に「自己申告書」の提出が必須!

あらかじめ教育委員会が提示するテーマについて記述し、出願時に提出します。「あなたは、中学校等の生活でどんな経験をし、何を学びましたか。また、それを高等学校でどのように生かしたいと思いますか」といったテーマに対し、できるだけ具体的に記述することがポイント。点数化はされず、また字数の制限もないが1,200字~1,400字程度が想定されています。

 

複数学科設置校について ~例:箕面・和泉(グローバル科/普通科設置)など

出願は1校1学科等に限りますが、複数の学科を設置している学校では他の1学科等を第2志望することができます。
第2志望の扱いは以下のとおり。
① 志望学科に関係なく、すべての受験生を総合点順に並べ、上位者からそれぞれの第1志望の学科の
  合格候補者とする。
② 1つの学科のボーダーゾーンを含んだ人数が合格候補者で満たされた時点で、その学科の合格者を
  先に決定する(ボーダーゾーンの扱いについては下記参照)。
③ その時点での合格決定者を除いた者の中から、志望順位に関わらず総合点の上位者から順に、
  他方の学科の合格者を決定(ただしその学科を志望しない者を除く)。
④ 3つ以上の学科を併置している場合は、同じ手順をくり返す。

各高校では、あらかじめ下記の5タイプからいずれかを選択。
高校ごとに決められた比率(学力検査:調査書評定)によって、合否判定のための総合点が算出されます。

      ▷
 特別選抜 総合点450点満点 
 学力検査の成績
225点満点
 調査書の評定225点満点 
   
  5教科(国社数理英)
各45点
  9教科×5段階
×各学年倍率
 
 ※実技検査を行う学科
では、上記の得点に
実技の得点を加点
して総合点とする。
 ■ 1年 ⇒ 1倍
■ 2年 ⇒ 1倍
■ 3年 ⇒ 3倍
 
     
タイプ①と②
の比率
①学力検査の成
績に
かける倍率
②調査書の評定
かける倍率
7:31.4倍(315)0.6倍(135)
6:41.2倍(270)0.8倍(180)
5:51.0倍(225)1.0倍(225)
 Ⅳ4:60.8倍(180)1.2倍(270)
3:70.6倍(135)1.4倍(315)

※( )内の数値は、倍率をかけた点数。

      ▷
 一般選抜 総合点900点満点 
 学力検査の成績
450点満点
 調査書の評定450点満点 
   
  5教科(国社数理英)
各90点
  9教科×5段階
×各学年倍率
 
   ■ 1年 ⇒ 2倍
■ 2年 ⇒ 2倍
■ 3年 ⇒ 6倍
 
     
タイプ①と②
の比率
①学力検査の成
績に
かける倍率
②調査書の評定
かける倍率
7:31.4倍(630)0.6倍(270)
6:41.2倍(540)0.8倍(360)
5:51.0倍(450)1.0倍(450)
 Ⅳ4:60.8倍(360)1.2倍(540)
3:70.6倍(270)1.4倍(630)

※( )内の数値は、倍率をかけた点数。

 

合否判定の方法

1.一般選抜(通信制除く)・特別選抜(実技検査実施)

2.特別選抜(面接実施)

3.一般選抜(通信制課程)・二次選抜

面接(自己申告書等を参考資料とする)および調査書を総合的に判断し、合格者を決定します。

入学者選抜実施要項一覧  ※次年度入試で変更になる場合があります。
■ 総合点の●マークは、各高等学校長が選択した5パターンからのタイプ(学力検査と調査書の比率)の倍率をそれぞれ
  乗じて合計し、総合点とする。

■ 豊中能勢分校の学力検査*525点(合計225点×7/3)、他項目検査は合計36点に300/36を乗じて300点満点とする。
■ 申告書は「自己申告書」、記録は「活動/行動の記録」で、○マークは選抜資料とする(配点は定めない)。
  ②①①は面接:自己申告書:調査書(活動/行動の記録)の評価比率=2:1:1を表している。
■ 上記以外に知的障がい生徒自立支援コース選抜(要推薦書)、秋季選抜(クリエイティブスクール〈桃谷〉)がある。
  また、過年度卒や満21才以上の選抜については別途実施要項がある。

 

「調査書」の評価対象は、中学の全学年
各教科の評定(5段階評価)について、中学1年からの学習活動を幅広く評価するとともに、中3での学力を重視。
評定の比率を3年:2年:1年=3:1:1としています。

 府内統一ルール(中3生)

① 中学2年生時のチャレンジテストによる検証をもとに、
  府全体の「評定平均」を計算する。

  府全体評定平均3.40=5(評定)×16%+4×28%
  +3×39%+2×14%+1×3%

② 30年度に実施する「府内中3生チャレンジテスト」
  における当該校の平均正答率と府全体との比

   B中学校の場合
  63.0%÷60% =1.05
③ 当該校の「評定平均のめやす」を計算する
   B中学校の場合
   3.40×1.05 = 3.57
④ 評定平均のめやす±0.3を当該校の「評定平均の範囲」
  とし、9教科のトータルの評定平均を範囲内で確定する。

   B中学校の場合
   3.27~(-0.3)3.57(+0.3)~3.87
   ※平均正答率は仮定した場合の数値。
  

    ※2019年度選抜における適用評定平均 


    ※平均正答率は仮定した場合の数値

 

PAGE TOP へ