【兵庫県】最新受験ニュース

関学、育英高が共学に 15年度兵庫県内私立校入試

2014年10月28日 火曜日

関学、育英高が共学に 15年度兵庫県内私立校入試

神戸新聞 2014/10/28 09:00

 

 兵庫県私立中学高等学校連合会は27日、県内私立高校・中学の2015年度生徒募集概要を発表した。高校の募集人数は14年度より70人少ない9738人、中学は10人減の4614人。高校の1次募集の試験日は2月10日が初日(生野学園を除く)となる。

 高校では、男子校1645人(前年度比480人減)▽女子校2915人(同40人増)▽共学校5178人(同370人増)。男子校だった関西学院と育英が共学になる。また、親和女子が募集を再開。1966年度入試から公募していなかった松蔭も再開する。

 1次募集の合格発表は2月11~16日(生野学園を除く)。報徳学園、雲雀丘学園、関西学院、仁川学院、芦屋学園、神戸龍谷、神戸第一の7校が1・5次募集を行う。2次募集は22校が実施する。

 入学考査料は1万4千~3万円。

 

記事の詳細は、こちら

上智学院、六甲学院など イエズス会系5法人が合併へ

2014年10月24日 金曜日

上智学院、六甲学院など イエズス会系5法人が合併へ

神戸新聞 2014/10/23 20:45

 

 上智大などを運営する学校法人上智学院(東京都千代田区)、六甲中学・高校の学校法人六甲学院(神戸市灘区)などカトリック教会イエズス会系5法人が23日、2016年4月の合併を前提に協定書を締結した。

 合併するほかの学校法人は、栄光学園(神奈川県鎌倉市)▽広島学院(広島市)▽泰星学園(福岡市)。合併後の法人は上智学院とし、ほかの4法人は解散する。

 六甲学院などによると、学校教育に携わるイエズス会員が減少し、同会の教育機関としての特色が出しにくくなっていた。合併によって教員の交流など幅広いネットワークの構築を目指すという。

 上智学院以外は中学・高校を運営しているが、各校は上智大の付属校とせず、それぞれの教育方針を継続。経営も独立採算を維持する。

 

記事は、こちら

平成27年度公立高等学校の生徒募集計画(兵庫県教育委員会学事課HPより)

2014年10月17日 金曜日

兵庫県教育委員会学事課HPより、「平成27年度公立高等学校の生徒募集計画」が発表されました。

前年度と比較して、全日制で480人減(全体同)でした。

平成27年度公立高等学校の生徒募集計画は、こちら

高校進学希望98・3% 「未定」前年比減 県教委の調査

2014年10月1日 水曜日

高校進学希望98・3% 「未定」前年比減 県教委の調査

2014/9/30 19:14 神戸新聞

 

 兵庫県教育委員会は30日、2015年度の高校入試に向け、9月1日時点の進学希望調査の結果を発表した。県内の国公立中学校卒業予定者のうち、高校進学希望者は昨年調査より490人少ない4万8425人。進学希望率は0・5ポイント高い98・3%だった。

 15年度から県内公立高校の学区は16から5学区に変更。受験できる学校は大幅に増える。県教委によると、今回の調査では、志望校が決まっていないなど進路が「未定」の生徒は476人で、卒業予定者全体に占める割合は前年比0・4ポイント減の1・0%だった。学区再編を控え、各中学校で進路指導が前倒しされた結果とみられる。

 

詳細は、こちら

小野市が来年度小中一貫教育 6年生から中学で授業

2014年9月24日 水曜日

小野市が来年度小中一貫教育 6年生から中学で授業 神戸新聞 2014/9/23 07:10

 

  兵庫県・小野市教育委員会が2015年度から、同市立河合小学校(児童数283人)の6年生を近隣の河合中学校(生徒数135人)に移し、教科担任の授業を行うことが22日、分かった。現5年の児童は来年4月から中学校に通い、学校生活上の区切りは現行の「6・3制」から「5・4制」となる。小中一貫教育は各地で進んでいるが、兵庫県教委によると、小6からの完全教科担任制の導入は県内で例がないという。

 

詳細は、こちら
 

 

 

 

平成27年度兵庫県公立高等学校入学者選抜及び県立芦屋国際中等教育学校入学者選考の日程について(兵庫県教委HPより)

2014年7月23日 水曜日

 平成27年度兵庫県公立高等学校入学者選抜及び県立芦屋国際中等教育学校入学者選考の日程について、兵庫県教育委員会より発表がありました。

 

詳細は、こちら

 

明石商商業科 通学区域は現状のまま 15年度

2014年7月22日 火曜日

明石商商業科 通学区域は現状のまま 15年度(神戸新聞)
 
 兵庫県明石市教育委員会は18日、市立明石商業高校商業科を受験できる通学区域について、2015年度入試は現状のまま明石学区のみとする方針を公表した。
 
詳細は、こちら

兵庫県内私立中高が合同説明会開催へ 神戸、西宮

2014年7月15日 火曜日

兵庫県内私立中高が合同説明会開催へ 神戸、西宮

 

兵庫県私立中学高等学校連合会は23、24日、受験生と保護者を対象にした県内私立校の合同説明会を、神戸市中央区の大丸神戸店9階で開く。8月3日には西宮市内でも開催する。入場無料。

 

詳細は、こちら

高校アンケート 序列化、定員割れ懸念(兵庫県)

2014年7月8日 火曜日

高校アンケート 序列化、定員割れ懸念(兵庫県・神戸新聞)

 

 2015年度から始まる兵庫県内公立高校の学区再編で、再編の対象になる高校のうち64・7%が、受験生が集中する学校とそうでないところの“学校格差”が拡大するとみていることが、神戸新聞社が実施したアンケートで分かった。学区拡大で多様な生徒が集まることに期待する一方、高校の序列化や定員割れを不安視する声も目立った。

 

詳細は、こちら

「現学区外」希望は8.9% 国公立中、卒業予定者の高校進学調査 兵庫

2014年6月28日 土曜日

「現学区外」希望は8.9% 国公立中、卒業予定者の高校進学調査 兵庫

 

県教育委員会は27日、来春の国公立中学校の卒業予定者を対象に実施した高校進学希望調査の結果(6月10日現在)を発表した。調査は毎年9月に実施していたが、平成27年度に県内の公立高校の学区が再編されることから、6月に初めて調査を行った。卒業予定者4万9266人のうち普通科の進学希望者は2万5880人。うち2298人(8・9%)が現学区外の高校を希望していることが分かった。

記事の詳細は、こちら

教育委員会資料は、こちら

受験マンがおすすめするイチオシ私学