共学/大阪府大阪市阿倍野区松崎町2丁目9-36

関西インターナショナルハイスクール

「生きた英語力」を身につけて、国際舞台で活躍できる「真の国際人」の育成が本校の教育目標です。授業の4割近くを外国人教員が担当。「英語(Speaking/Listeningなど)」だけでなく、「社会科」「理科」も英語で授業を受けます。日本人の高校教員による授業も充実しているため、生徒の多くが国内中学校の出身生徒です。生徒の16%が帰国子女です。「使える英語」「生きた英語」が習得でき、本校卒業時に半数近くの生徒がTOEIC600点以上、英検では8割以上が2級以上に合格、難関級の準1級に20%、1級に1%が合格しています。卒業後は、3割近くの生徒が現役で関関同立クラスの大学に進学。その他、海外留学、短大や専門学校に進学しています。最終的には英語を使う仕事に就く卒業生が多く、キャビンアテンドやホテル、英語教員、商社や外資系企業などに就職しています。

 

英語の授業(週12時間)は、15名程度の徹底的な「少人数授業」。しかも、6レベルに分かれた習熟度別クラス編成で、自分の英語力に応じたクラスで授業を受けることができます。社会科や理科、国語などの授業はホームルームクラスで、こちらも20名程度の少人数です。欧米の高校のように、知識の習得だけでなく「知識活用能力」まで養えるよう、授業では生徒の発言を大切にし、ディスカッションやプレゼンまでできる参加型教育(アクティブ・ラーニング)となっています。グローバル化する社会で活躍するには、国際力だけでなくコミュニケーション能力や発信力が欠かせませんが、本校では少人数教育を徹底しており、生徒が積極的に楽しく学びつつ、真の学力が習得できるアクティブ・ラーニングを実施しています。

 

中学校時代の学力から見ると、本校卒業生の多くは1~2ランク上の大学に進学しています。これは、「生きた英語力」でも、受験英語でも実力をつけているからです。また、国際社会が求める柔軟な思考力や的確な判断力に加え、発信力やコミュニケーション能力も養われるため、大学が求める人材として育っているからです。本校では、難関私大の一般入試だけでなく、AO入試にも対応できる受験指導をおこなっています。
なお、実践的英語力を測る指標として日本企業が採用しているTOEICにおいても、一般の大学を超える実績をあげています。

 

INFORMATION
  • 関西インターナショナルハイスクール
    (関西外語専門学校 国際高等課程)
  • 〒545-0053 大阪市阿倍野区松崎町2-9-36
    電話:06-6621-8108

その他のイチオシ私学

PAGE TOP へ